スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(無題)

僕は、まだ信じられてません。





同学年の子が、亡くなったことが。


同じ学校の生徒が、亡くなったことが。





ある日、授業中のこと

先生が来ないからみんなは喋ったりして待ってました

僕もそうして先生が来るのを待ってました


そこに放送がかかってきたんですよね、珍しいなと僕も思いました


内容は「生徒は、至急体育館に集まってください、緊急の集会を行います」と


少し嫌な予感がしました

そうとは思いたくなかった。

ずっと自分に信じ込ませてました





その時
命はこんなにも簡単に消えてしまうものかと思いました

いつもは騒がしい集会

けど、この時だけは本当に誰もしゃべりませんでした


教室に戻ってきてから

みんな泣いてました


同じクラスじゃなくても




凄く辛かった


後日

さらに追い討ちをかける出来事が



体育祭、文化祭までもが中止になりました



みんなで作ったものを全て
片付けました

僕は忙しくてほとんど手伝うことができなかったけど

関わった部分を壊すのにすごく躊躇しました




先生が言いました

「悲しいのは全員同じ。それでも前を向こう」


聞いたとき、少し苛立ちました

なぜ苛立ったのかは今は分からないけど




今は、大分落ち着きました


気持ちの整理というのもついたみたいです



また前を向いて頑張っていきたいです





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

raito

Author:raito
高校生

counter
Marisa
calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
selected entries
comment
track back
category
archives
Links
ブロとも申請

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。